原状回復を行なうには敷金が必要|入居者なら知っておきたい情報

男性女性

義務はしっかり果たすこと

メンズ

オフィスや店舗の賃貸物件では、契約終了後に原状回復工事を行わなければなりません。なお、賃貸契約時に工事業者が指定されている場合もありますから注意が必要です。工事業者を選べる場合には、確実に原状回復義務を果たしてくれる業者を選ぶ必要があります。料金に加え、実績や評判などもチェックしましょう。

Read More

退去時の責任の確認

工具

退去時に原状復帰の費用が発生するのかどうかは、退去するときに不動産や貸主に立会いをしてもらうことで確認することができます。入居時に原状復帰に関する項目をよく確認することで、費用で揉めることがなくなります。

Read More

元通りにきれいに

男の人

賃貸物件から退去する場合、ある程度の現状回復作業は必要になってきます。できるだけ入居時に近づけ、退去時にトラブルにならないよう対処することが大切です。自分で修理可能であれば修理をし、業者が必要な場合は早めに依頼しましょう。

Read More

賃貸退去時に注意すること

ワーカー

部屋を入居時の状態に戻す

賃貸入居時には、礼金や敷金を払うことがあります。それぞれ家賃二か月分ほどの額で、礼金というのは大家さんにあげるお金ですが、敷金は一種のデポジット、保証金のようなものなので、退去時に戻って来ます。ただしそのうちの一部は、原状回復に使われるため、すべての額が戻ってくるわけではありません。この原状回復というのは、退去時の部屋を入居時の状態にできるだけ近づけることです。しかし最近では、礼金や敷金なしの賃貸物件もあります。こういう物件のいいところは、入居時の初期費用が安くてすむことです。ただしその一方で、敷金がないわけですから、退去時の原状回復は自腹で、ハウスクリーニング業者などと契約して行うことになりますし、鍵の交換も自分ですることになります。

どういう部分が対象なのか

ところで原状回復についてですが、これにはいくつかの決まりごとがあります。まず経年劣化による変化、たとえば壁紙の色が変色したという場合などは、入居者の敷金を充てることはできません。また普通に暮らしていて起こる変化、たとえばテーブルを置いたために床がへこんだとか、冷蔵庫の裏の壁が黒ずんだとか、あるいは畳の変色などは、敷金を使って行う原状回復の対象にはならないわけです。では、どのような場合が対象になるかといいますと、入居者が故意に傷つけたとか、しみを作ったという場合です。また掃除を怠ったために台所が油汚れしたとか、あるいはカビが生えたような場合も、入居者の責任となります。それからペット可能な物件であっても、ペットによる傷などはやはり敷金を充てることになります。