原状回復を行なうには敷金が必要|入居者なら知っておきたい情報

婦人

退去時の責任の確認

工具

立会いをしてもらう

入居している物件からの退去による原状復帰には、物件の損傷度合いによって責任の所在が変わります。一般的な損傷であれば入居者には責任はなく、退去時に原状復帰に伴う費用を支払う必要はありません。経年劣化による損傷は入居者ではどうにもできないため、責任を負う必要はまったくありません。退去時に原状復帰の責任の所在をはっきりさせるためには、退去するときに不動産会社や貸主に立ち会ってもらうことがお勧めです。退去するときは基本的に誰かが立ち会うということはしません。不動産会社や貸主に立会いを依頼することで、退去後の原状復帰で揉めることが少なくなるのです。あまり一般的ではない立会いをしてもらうことで、円満に退去することができます。

入居時に確認をする

退去時に多いトラブルが原状復帰の責任の擦り付け合いによる費用の負担です。入居者が退去したあとには、貸主が借りる前の状態に物件を元に戻す必要があります。原状復帰をするためには、業者に依頼して元の状態に戻す貸主が多いので業者に依頼するための費用が必要となります。入居時の契約時に原状復帰に関する項目を隅から隅まで確認することで、原状復帰の費用の負担に関して詳しく知ることができます。不明な点があれば質問して、退去時の不安を解消すると良いでしょう。よく確認しておかないと、退去時に不必要な原状復帰の費用を請求されてしまうかもしれません。トラブルを発生せずに退去するために、契約の確認を怠らないよう気を付けましょう。